特急剣山がお世話になっているサイト

無料ブログはココログ

« JR系クレジットカード東西比較 基本ポイント編 | トップページ | JR系クレジットカード東西比較 年会費編 »

2014年5月 4日 (日曜日)

ダイヤ改正後のオレンジフェリーに乗ってみた

【これは、2013年2月に書いた過去記事ですが、せっかくですので公開します】

昨年10月1日に、夜行便に特化したダイヤ改正を行った「四国オレンジフェリー」。
乗船する機会があったので、レポートします。

2013年2月14日。

バスマップサミット参加のため、札幌に向かうことになった私。

往路の旅程は
東予港
(オレンジフェリー)
大阪南港
(関西空港リムジン)
関西国際空港
(ピーチ便)
新千歳空港

でした。

新居浜東港に寄港しないため、新居浜駅から無料バスで東予港まで向かう必要がありますが、今回は荷物が多いので、親に東予港まで送ってもらいました。

車だと、東予港まで余裕見て約40分。21時半に出れば間に合うとなると、やっぱり車でのアクセスが楽です。

新居浜駅から旅客を運び、回送で車庫に戻るせとうちバスとスライドして、21時半過ぎ東予港に到着。

早速乗船券と関西空港リムジンバス乗車券を購入。
新居浜寄港時にも1度だけ都合で東予港を使ったことがあり、その時の窓口はごった返していました。20時からの乗船開始は窓口混雑の緩和にも効果あったように感じます。

券を買えばすぐに乗船でき、以前のダイヤで見られた慌ただしさはありません。
案内所スタッフは、増員されたのか、3名が待機中。

今回のダイヤ改正で、これまでの
・上りは昼行が「おれんじ7」夜行が「おれんじ8」
・下りは昼行が「おれんじ8」夜行が「おれんじ7」
だったものが、日替わり配船になりました。なので、どちらの船に当たるかは、予定表が公表されているとはいえ「運」次第に。
今日は新鋭船の「おれんじ8」が当たりました。

船内では、既に乗り込んだ旅客がそれぞれの時間を過ごしていました。

スマホやパソコンを操作する人。
展望デッキで勉強する人。
展望浴場にひとっ風呂浴びに行く人。
船内探訪に出かける家族連れ。

私は、出発前にシャワー済ませていることもあったので、展望風呂には向かわず、かといってすぐに寝る雰囲気にもならず、展望デッキに、持ち込んだノンアルコールビールと、売店でかったツマミを持ち込み、1月に新調したばかりのAndroidスマホをポチポチしつつ時間を過ごします。

広いパブリックスペース、自動販売機など多彩なアメニティは本当にありがたいですね。

船は22:30に定時出航。
売店とレストランは出航間もない23時には閉店するので、お早めの利用をとのアナウンス。もう少し長いと嬉しいけど、翌朝の営業や船員仮眠の時間を考えると仕方ないのかなとおもいます。

私の愛用する2等指定は23時30分で消灯。
翌朝5時過ぎには点灯するので、ゆっくり休みたい方には、ベットに遮光カーテンが付いている2等寝台がお勧めです。なお、2等寝台にはコンセントもあるので、スマホや携帯の充電もできます。2等指定は部屋に1~2箇所あるコンセントは争奪戦になってます。

なぜか翌朝4時頃目が覚めた私は、やることもなく、ひとっ風呂浴びに行くことに。
風呂から上がり、一息ついていると、間もなく5時すぎ。レストランが営業開始。

関空リムジンは7:45発と、フェリー到着から1時間35分余裕があります。
一方、リムジンバスの関空到着は8:20。私が搭乗するピーチ便は10:10出発。
チェックインは9:40にピシャンと締め切られます。1分遅れても搭乗できないのがLCCの掟。

久しぶりの関空、初めての第2ターミナル。

余裕を持って行動したい私は、フェリーで朝食を済ませることに。

おれんじ8の朝食は、旅客数などに合わせて「バイキング」の日と「定食」の日があります。この日はバイキング850円。ちなみに定食は和食・洋食からのチョイスで650円。

洋食和食取り混ぜて、値段の割にはホテルのレストラン並のメニューが揃います。
ジュースは「ポンジュース」を惜しげなく提供。嬉しいですね。

7時20分頃、下船。関空リムジンバスのりばには既に行列ができています。

リムジンバスの係員によりトランクに預ける荷物にタグが付けられていきました。

程なく、すでに別のフェリー乗り場からであろう場所から旅客を載せてきたリムジンバスが到着。ほぼ満席で関空へ向かいました。

« JR系クレジットカード東西比較 基本ポイント編 | トップページ | JR系クレジットカード東西比較 年会費編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30843/57092444

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤ改正後のオレンジフェリーに乗ってみた:

« JR系クレジットカード東西比較 基本ポイント編 | トップページ | JR系クレジットカード東西比較 年会費編 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31