特急剣山がお世話になっているサイト

無料ブログはココログ

« 夜行便特化後の「オレンジフェリー」3回乗っての感想 | トップページ | 恒例!交通ネタエイプリールフール嘘ニュース!! »

2014年6月21日 (土曜日)

夜行便特化後の「四国オレンジフェリー」大阪からも乗ってみた

さてさて、オレンジフェリーレポートの続き。

今度は下り便。大阪から新居浜へ帰るとき。
2013年6月の日曜日、とある例会に参加した帰りに利用。
当時はせとうちバス「いしづちライナー」の大阪19時発便がなく、夜行バス座りっぱはイマイチいやだった上、月曜日そのまま出社なので風呂に入りたい、ということでオレンジフェリーを選択。

例によって2等指定。
これにはわけがあり、実は持病の「うつ病」が長期慢性化したことをきっかけに、福祉支援員さんから障害者手帳(正確には「精神障害者保健福祉手帳」)の取得を勧められて、手にしたことが理由です。

オレンジフェリーのホームページなどには記載されていませんが、実は同手帳(2級以上)で、2等指定、障害者本人に限り半額の割引が受けられます。1級だとどうなるのかはわかりません...

おそらく、ライバル”だった”フェリーさんふらわあ(関西汽船)の営業制度にならったのではないか?と思われますありがたや~ありがたや~

手帳割引を利用しない場合、いしづちライナー夜行便のほうが若干安くなるのですが、手帳を使えば2等指定限定とはいえ、フェリーのほうが安く、かつアメニティ充実、風呂にも入れるので利用しない手はありませんね。

チケット売り場から乗船までは、大阪側でもスムーズ。

今回は翌朝直行出社ということもあり、前もって購入してあったコンビニ飯をたべ、すぐに風呂に入って寝ました。

南港フェリーターミナルから徒歩数分のところに、セブン-イレブンがあるので便利です。

さて、東予港到着後は、オレンジフェリー人気の秘密でもある、「連絡バス」が威力を発揮します。

2014年4月現在の運行行路は

  • 6:20発 今治行き(無料)
    車両はしまなみライナー・大三島特急用高速(トイレ無し)タイプ
  • 6:20発 小松・西条経由新居浜ゆき(無料)
    車両は中型路線車
  • 6:20発 新居浜住友病院・新居浜駅ゆき直行(無料)
    車両は新居浜松山特急便用車両(エアロバス)
    6:20発 松山ゆき(有料)※伊予鉄南予バス運行
    車両は貸切タイプ(ブルーリボン)
  • 6:20発 壬生川駅ゆき(無料)
    車両は路線バスタイプ
  • 7;00発 壬生川駅ゆき(無料)※船内滞船客対応 車両不明

と充実のラインアップ。
私は新居浜駅ゆき直行便を利用し、新居浜駅から路線バスに乗り継いだりして帰宅します。新居浜駅に先着し、車両も特急バス用エアロバスですから、快適ですしね。
ちなみに、運賃表示器は消灯しているものの、前面・側面行先表示器(LED)には「直行 住友病院前・新居浜駅」と表示してあります。
また、運転士さんの行路表もあり、新居浜(多喜浜)営業所の「(路線)行路仕行」に組み込まれています。この担当運転士さんが、このあとどのような運行をされるのかはわかりませんでしたが...
このバス、住友病院前には発車時刻が表示されてないと思われ、おそらく貸切か特定輸送契約ながら、路線仕業に組み込まれているようですね。神奈中みたい...

オレンジフェリーを使えば、日曜日フルに大阪で過ごしても、そのまま出社できそうな感じです。夜行バスだと、こうは行かないでしょうね...「もうバスで眠れないんだよ!(by大泉洋)」

(o・∇・o)おわりだよー

« 夜行便特化後の「オレンジフェリー」3回乗っての感想 | トップページ | 恒例!交通ネタエイプリールフール嘘ニュース!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30843/59849519

この記事へのトラックバック一覧です: 夜行便特化後の「四国オレンジフェリー」大阪からも乗ってみた:

« 夜行便特化後の「オレンジフェリー」3回乗っての感想 | トップページ | 恒例!交通ネタエイプリールフール嘘ニュース!! »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31