特急剣山がお世話になっているサイト

無料ブログはココログ

路線バス

バス

2007年3月27日 (火曜日)

せとうちバスストライキ回避

せとうちバスストライキ回避
バス運行も実際確認しました。ギリギリでストライキは回避されました。
ご利用予定の方はご安心ください。

2007年3月26日 (月曜日)

あす、せとうちバス24時間ストライキ予定

K3100001_2

あす3月27日せとうちバスご利用予定の方は、今後の報道にご注意ください。

なお、ホームページによると、宇和島自動車(宇和島バス)労働組合も明日、27日、24時間ストライキを予定しています。
くわしくは http://www.uwajima-bus.co.jp/ から確認できます。

2007年1月22日 (月曜日)

1/13 三宮ターミナル(市バス)にて

いすゞ天国だった神戸市バス中央営業所所属の、三菱ふそうのワンステップバス。
急速に勢力を伸ばしています。
もちろん神戸北町ゆき急行64系統にも入っています。
Sbsh0007
【広告】

バスジャーナリスト鈴木文彦先生著 多様化するバス車両

2006年9月28日 (木曜日)

新居浜市内、バスで行くお買物ガイド(スーパー編)※暫定版

とりあえず思いついたので...
※随時変更します。ご利用の場合はお手数でも、最新のものをご確認ください。

【大型ショッピングモール】
イオン新居浜ショッピングセンター
「イオン新居浜ショッピングセンター(イオンSC)」下車 敷地内。
・新居浜駅からシャトルバス(30分ごと、運賃200円)あり。
また、新居浜市内を走るほとんどの路線バスがショッピングセンター内バス停に停車する。
例外
・新居浜松山特急線
・住友病院前6:28発の川之江線始発便。
※他にもあるかもしれません。気になる方は乗車時に運転士さんにお聞きになることをお勧めします。

特急線の場合、住友病院前で、同一停留所(待合所前)からイオンSC経由の路線バスに乗り換え可能。
運賃130円。所要数分。また、住友病院前から徒歩約8分。

【大型ショッピングセンター】
■フジグラン新居浜
「若水」下車 徒歩1分。

【食品スーパー】
■マルナカ久保田店
「久保田」下車 徒歩約5分

■マルナカ若水店
「東町」下車 徒歩30秒~1分

■バリュー市場
「西原町3丁目」下車【特急停車】 徒歩数分

■コープ山根
「瑞応寺前」下車 徒歩数分。

■コープ中萩
「土橋」下車 すぐ。

■M2多喜浜
「多喜浜駅前」「JR多喜浜駅」下車 徒歩5分

【百貨店(サテライト)】
いよてつ高島屋新居浜店
市役所前下車 すぐ。【特急停車】


他にもバスでいけるスーパーは新居浜市内だけでもまだあります。

【積み残し案件】
・マルヨシセンター新居浜東店
・M2舟木店
・コープ金子
・パルティフジ東郷
そのほか川東地区・上部地区東

【バスではちょっと厳しい...】
■フレッシュバリュー新居浜店
■マルヨシセンター新居浜店
■ダイキEX新居浜店
いずれも「松木」下車 徒歩15分~?

■パルティフジ東田
東田入口徒歩10~15分。


補足コメント大歓迎です。

●リンク集
■コープえひめ
http://www.coopehime.or.jp/
■フジグループ(フジグラン、パルティフジ、デイリーフジ など)
http://www.the-fuji.com/
■ママイグループ(ママイ、M2、バリュー、バリュー市場、フレッシュバリュー)
http://www.mamai.jp/
■マルナカ
http://www.marunaka.net/

せとうちバス
http://www.setouchibus.co.jp/

※旅行者の方へ
新居浜土産は
・ジャスコ新居浜店内銘店コーナー (イオン新居浜ショッピングセンター 下車)
・フジグラン新居浜内銘店コーナー (若水 下車)
・新居浜駅 BIG Kiosk(新居浜駅前 下車)
・マイントピア別子 (マイントピア別子 下車)

などで、購入することが出来ます。

2006年8月11日 (金曜日)

WX310Kのムービー機能検証もかねて...

今日はリハビリ+診察のため、通院日。
天気もいいので、往復バスで通院。
往路はいつもの川之江線。
診察後、母に電話をかけると山根のコープにいるという。
バスの時刻表を見ると、ちょうどマイントピア別子行きのバスがあった。
東城から南に行く路線には乗ったことがないので、これに乗り、コープ山根までいってみることに決定。
さらに、WX310Kのムービー機能を試すべく、車内から走行画像を撮ってみました。
やっと512MBのminiSDカードも購入したからね...

本日皆様にご乗車いただく区間は、市役所前から新居浜駅の、楠中央通りを南下する部分です。
バスは(たぶん)周桑営業所所属車両の三菱1ステップ中型車。方向幕車です。
(周桑営業所発マイントピア別子行き)
途中停留所は、久保田、警察前、高木入口でございます。
ファイル形式は、3ggp2(拡張子3g2)です。ごらんいただくには、最新のQuickTimeが最適かと。
Windows Media Player10でも、プラグインをダウンロードしたら見えるかなぁ?

ご要望が多ければ、wmvにでも変換します。
途中画面がゆがみますが、これは機種の仕様のようです。
高木入口手前ですれ違うバスは、「いしづちライナー」の下り(たぶん)です。

なお、私はバスの進行方向右側に座っていたので、撮影しているのは、バス右側窓から見た車窓です。
途中、市役所、新居浜警察署などがごらんいただけるかと思います。
また、新居浜駅のロータリーをぐるぐるっと回る光景もごらんいただけます。

「siyakuyo.3g2」をダウンロード

2005年6月10日 (金曜日)

閑話休題:ハワイのバス

特急剣山は、1度だけ海外に行ったことがある。以前所属していた会社の社員旅行でハワイに行った。
そのころの思い出を少々。

ハワイ(オワフ島)には、鉄道はない。そこで、バスが市民の足として大活躍している。
オワフのバスは”The Bus”と呼ばれる。
運賃は、普通バスは全線均一、1乗車につき、当時は大人1$。当時の日本円で120円ぐらい。とにかく安い。
(その後、残念なことに、1乗車2$に値上げされた。今のレートだと、京都市バスの1乗車相当ぐらい。公共交通を取り巻く事業が厳しいのは、日本だけではないようだ。ましてや車社会先進国のアメリカとなれば...)

運賃は先払い制。前から乗車する。
おつりは出ないので、事前に1$紙幣か、硬貨を用意しておく必要がある。
運賃箱は小型でシンプルだが、小銭は、東京都交通局や大阪市交通局に見られる自動計数式だった。紙幣は投入されると運転士チェック用の小窓までベルトで送られる。機械的にチェックしていたかどうかは不明。

それで、オワフ島を1周する「Circle island」と呼ばれる系統(約4時間)に乗りつづけても1$。
さらに、方向が違うバスに乗り継ぎが必要なときは、「Transfer」と呼ばれる乗換券が発行され、1回に限り乗継ができる。このあたりは大阪市交通局の市バス乗り継ぎシステムに似ている。ただ、当時「Transfer」の発行はパンチ式(手動)だった。

バスはオートマチックで、大型。日本のようなテープ式の車内アナウンスはないので、寝過ごすとどこまで行くかわからない。ただ、運転士さんがマイクを使って、時折案内放送を入れてくれる。降りる場所に不案内なときは、乗るときに、「○○で降りたいので教えてほしい」旨英語で言えば、アナウンスしてくれる。
当時方向幕車両殆ど残っておらず、ドット文字表示式(日本のLED式とはちょっと違う)が殆ど。
日本のLED方向幕と同じく、ポイントごとに、行き先の表示が変わり、わかりやすくかった。

シートは日本のようにクッションはなく、公園のベンチのようなFRPのシート。それでも、地元の人の体格にあわてあるせいか、日本のバスのような窮屈間がなく、長い間乗っていても疲れなかった。

降りるときは、窓枠などにある紐を引っ張ると、「ピンポン」が鳴り、「Stop Reqested」のランプが灯る。このランプは日本語にすると「つぎとまります」。電気的配線が必要な日本の「ピンポン」より合理的だ。(一部ボタン式の車両もある。)

シルバーシートには、誰も座っていなくても、健常者は座らないのがマナー。車内での飲食は厳禁。荷物はひざに乗る程度まで。ルールが合理的なところは、さすがアメリカ。

バス停は街中では2ブロックごとにあり、大変便利。ただ、バス停のものは超シンプルで、バスロケはおろか、時刻表も、路線図もない。(ガイドブックはコンビニなどでかえる)。なのに便利だったのは、なんといってもその本数の多さゆえだろう。

1人で乗ったときは、不安だったが、片言の日本語ができる地元の方に親切にしていただいて、楽しいバス旅ができたことは、今思い出してもなつかしい。

オワフトランジットサービス(The Bus)のホームページ ※当然ですが英語です。
http://www.thebus.org

2005年5月10日 (火曜日)

偶然録音できたことでんバス車内放送

IruCa使うようになって、車内でボーっとしていられる時間が格段に増えた。
ということで、車内でケータイで遊びながら、ふと録音できたのがこの車内放送

(ノンステップ ことちゃん塗装<日野>)
ケータイで録音したとは思えないほど音質はいいほうだと思う。
ちなみにケータイはVodafoneのV601N 初めてテレビ機能のついたあのケータイである。
この携帯には動画撮影モードがある。(録音機能はない)そこで、動画撮影モードで撮影&録音した3gpファイルを、QuickTimeProでAVIに変換し、さらにフリーウエアで音声だけをWAVに取り出し、それを「午後のこーだ」でmp3に変換している。(作者様に感謝!)

紙回数券の時代は、乗ったら、まずパスケースに入った回数券の束の中からその時使える回数券をチョイスし、運賃表を見て必要な金額分切り取って、降りるときまとめて出せるように窓枠や胸ポケットに入れて...とやっている間についてしまうので落ち着かななかった。

また、私はよくきっぷや整理券をなくすが、IruCaなら大きいし、パスケースから出すことは殆どない(駅でチャージと利用明細を出すときだけ)ので紛失率も低い。もちろん、紛失しても再発行できるように住所氏名登録をしていることは言うまでもない。

2005年1月21日 (金曜日)

1/19に放送された「トリビアの泉」

「終点なのに途中というバス停がある。」

興味があったので調べてみました。
滋賀県で運行する「江若交通(株)」(江若バス)の堅田朽木線(樫田駅-途中-杤木学校前)で
途中が終点となるバスが1日5本ありますが、内2本は登校日のみの運行。
一方、途中を経由して杤木学校前まで行く、「途中が終点にならない」バスが1日3本(毎日運行)あります。

バス路線に視点をあてて考えると、路線はこの先杤木学校前まで続いおり、路線の終点は「杤木学校前」なので、「途中」バス停は、堅田朽木線の「終点」ではない(=ガセビア)になりますが、実際「途中」が「終点」になるバスがある以上、「ガセビア」とも言いがたい。

ま、緻密に考えれば、トリビアは、「終点が途中のバスがある」、または「途中が終点のバス」があるとしておいて、スタジオを一瞬凍らせておいて(「0へぇ」スタート)、確認VTRで納得させる展開があると面白かったかも知れないですね。また、補足トリビアで、「途中が終点にならないバスがある」というのは、多分あえて触れなかったんでしょうね。

いやいや、厳密なことはこの際どーでもいいんですよ。「トリビアの泉」はバラエティ番組なんですから、素直に「へぇ~」といっておけばいいんですよぉねぇ、きっと。(汗)

それよりも、過疎化で「途中-杤木学校前」が廃止になって、本当に「途中が終点」にならないことを心から願うばかりであります。京都交通もそうですが、大都市近郊の過疎地の公共交通は本当に大変な状況だと思います。京都交通の過疎区間の一部は日本交通グループの「新京都交通」に引き継がれるそうですし、自治体の代替バスに切り替わるところも多いようです。

というより、私、マジで、いつか、乗りに行きたいと考えております。私1人の1往復運賃では過疎路線を維持するに足りないとは思いますが...
京都から堅田駅まで、新快速で21分400円、こちらはICOCAエリア内。
また、大阪淀屋橋~京阪三条のりかえ、三条京阪経由浜大津から堅田駅まで江若バスという選択肢もあり...
ちなみに、江若バスは京阪グループですが、京阪バスカードは使えないみたいですな。要注意っと。
堅田駅から560円、所要時間25分ぐらい...
ま、言いっぱなしになる可能性大ですが、もし本当に行けたらご報告します。

あ、そーいえば、PiTaPaの審査落ちたので、(無職だからしょうがない)PiTaPaがICOCAと共通化(=プリペイド対応)するまで、京阪グループは極力使わない、と心に決めていた時期があったが、京阪電鉄自体は嫌いになれないなぁ、、、すんごく好きですよ。京阪の経営姿勢。JR新快速の攻勢で、四条河原町は街自体の活気すら京都に奪わている面が否定できず...今後が少し心配です。

あ、ぶっちゃけ阪急は少し嫌いになりました。阪急ファンさんごめんなさい。

2004年6月 2日 (水曜日)

高松のバスは高いか?

あえてタブーに触れようと思う。

先に結論をいうと、決して高くはないというのが私の結論。
地方都市の中では、善戦しているほうではないだろうか。

距離制運賃は、基準停留所間の距離から一定の算式で算出される。
しかし、各地のバスの運賃を比較するとき、私は普通乗車時間を目安に運賃を比較する。
実際に距離と賃率の資料はほとんど出回っていないからだ。

高松に発着する路線バスの長距離一般路線に乗り、所要時間を基準に運賃を比較すると、
地方都市で大手といわれるバス会社と同じぐらいという印象の路線も少なくない。
もちろん、高松に比べ同じ距離でのバス運賃が安い地方都市もある。だが、逆もある。

注意すべきは、大都市の均一運賃と比較してはいけない。
東京・大阪など大路線の公営バスが1時間で走行できる営業キロと、高松のそれとは大きく違うのは言うまでもない。

また、全国的に、バス回数券・バスカードのプレミアは、1000円に対し100円が多いのに対し、
ことでんバスでは、1000円のセット回数券に倍の200円のプレミアムがついている。
バスの回数券は有効期限がない。1000円のセット回数券は、遠距離なら往復で使いきれることもある。
うまく活用してはどうだろうか?

※後日追記
平成17年2月2日のIruCa導入にともない、回数券の発売は中止されました。
なお、手持ちの回数券は当分利用できます。
なお、ICカードを導入していない大川バスでは、従来のことでんバスと同じ割引率のセット回数券が、バス車内などで購入できます。

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31